その他情報

その他情報

 

筆者は32歳で独立、WEB上で建築・不動産の相談を受けるホームページを開設。以来15年間の経験からこの本を執筆されたようです。 この本は家の建築にかかる本とは異なりますが、家を入手するに際しての考え方が書かれてあり、家の建築においても参考になる内容が多いと思われ、紹介したいと思います。
その他情報

「家を建てたくなったら」(書籍紹介)

この本は、建築家の方が執筆された本となります。戸建て住宅の建築について、建築家の視点で書かれた本となります。 この本を読んで、私が気になった部分をポイントとして書いてみます。 家の建築を建築家に依頼されようと検討されているのであれば、ご参考になればと思います。
その他情報

「現場監督がズバリ! “家づくり”ここに気をつけろ」(書籍紹介)

筆者は元「現場監督」として建築業界に13年勤めた経験より、この本を執筆したようです。建築業界の内側からのアドバイスとして、幾つか参考になる内容がありますので、ここで紹介したいと思います。
その他情報

「建てる前に読む本」(書籍紹介)

非営利第三者機関である家づくり後援会が編集した著書です。文字数が多く読み応えのある本ですが、一通り目を通して損は無い内容だと思います。
その他情報

「買ってはいけない住宅」(書籍紹介)

筆者は小説家でもあり、建築デザイン、工務店、不動産投資の経験からの独自の観点から書かれた本です。読み物としても堅苦しくなく面白い本でした。 この本の中で、参考になりそうな箇所を幾つかピックアップしてご紹介したいと思います。
その他情報

「〇〇と官僚がダメにした日本の住宅」(書籍紹介)

私が家を建てるに際して、20冊前後の本を読みましたが、この本は考え方においては非常に参考になった本です。私が印象深かった内容の箇所を中心に内容紹介致します。
考え方

「家の防犯について」

一戸建てで家を建てる場合、防犯面も念頭に置いておくことが大事です。仮に、「何も盗られるものが無い」としても、他人に土足で自分の家を踏み荒らされるのって、イヤじゃないですか?火事よりも泥棒の方が、はるかに身近なリスクと思われ、そのための備えは大事です。
その他情報

「家づくり ワンポイントのこだわり」

私の家づくりについての考え方は「家造りに掛けるお金は最小限にすべき」です。ローンや借金は=リスク! 堅実な家づくりが大事だと思います。 ただ、そうは言ってもせっかく注文住宅で家を建てるのであれば、自分なりの「ワンポイントのこだわり」はあっても良いのではないか? とも思います。
その他情報

「お勧めの本・内容紹介 3」

この本は、家造りにおいて欠陥住宅が日常茶飯事的に発生している事の事実認識と、それを前提とした心構えを持って家を建てる必要性を説いている内容だと思います。
その他情報

「お勧めの本・内容紹介 2」

建て主にとって“いい家”とは何かを定義付けされ、そのために工務店がすべきこと、いい家を建てるのに必要な事は何かを考え、真剣に家造りと向き合われている方というのが分かる本だと思います。国内における家造りの現状、問題点について本の中で幾つも提言されており、参考になります。
タイトルとURLをコピーしました