構造・工法

構造・工法

「木造住宅の耐用年数を考えてみました」

私は、ブログのタイトルにもなっていますが、「木の家がおすすめ!」というのが自分なりの考え方です。その木の家、耐用年数はどうなのでしょう? どんな家でも、メンテナンスや修理無しでは長期間の維持は無理でしょうが、耐用年数に影響するものは何か? 考えてみました。
構造・工法

「外壁選びは難しい…」

注文住宅(木造)で家を建てる場合に、一番難しいのが外壁選びだと思います。真剣に選べば選ぶほど、悩むのではないか? と思います。私も一番悩んだのが外壁材でした。 この外壁材について、書いてみたいと思います。
考え方

「家の防犯について」

一戸建てで家を建てる場合、防犯面も念頭に置いておくことが大事です。仮に、「何も盗られるものが無い」としても、他人に土足で自分の家を踏み荒らされるのって、イヤじゃないですか?火事よりも泥棒の方が、はるかに身近なリスクと思われ、そのための備えは大事です。
構造・工法

「材木について」

木造建築において、使用する材木は材料そのものであり、家の品質を左右する大事なものとなります。現実的には工務店が手配している材木を使うことになりますが、契約までの段階で、どのような材木を使用するのか? 確認されておくことをお勧めします。
構造・工法

10.「在来軸組工法 各部分の工法について」

木造、在来軸組工法にて家を建てる場合、床下換気の方法、木組みの工法、壁や床の工法が幾つかあります。自分が工事を依頼する工務店が、どの工法にて家を建てるのか、是非知っておいて頂きたく。ここに書かれている以外の工法もありますが、代表的な工法について記載しています。
構造・工法

04.「決めなければならない構造や仕様」

家を建てる場合、屋根材や外壁材、窓や断熱材については、施工する工務店やハウスメーカーで標準仕様品が決まっています。標準仕様品の性能を理解した上で選択しないと、後で後悔する場合があります。家の構造材については性能、耐久性に影響しますので、事前に良く調べて選択する必要があります。
構造・工法

02.「家を建てる前に決めなければならないこと(家の工法・構造)」

同じ一戸建ての家でも、いろんな構造の家があり、それを施工する工務店が異なります。それぞれ特徴、性能面での差があり、どの構造を選ぶのか? は大事な事となります。当然ながら費用面でも差が出ますので良く考える必要があります。
タイトルとURLをコピーしました