その他情報

エアコンのスリーブ(配管通し穴)について

その他情報

家を新築後、エアコンを設置されるご家庭が大半だと思います。エアコン設置に伴い、配管を通す穴(スリーブ)を壁に開ける必要があります。

壁の穴開け加工について、木造住宅の場合はホールソーという道具で簡単に開けられます。鉄筋コンクリート造りでも壁に穴を開けるのは可能ですが、木造よりは手間がかかるため、エアコン業者の設置料金(穴あけ加工費用)は鉄筋コンクリート造りの方が高いようです。このため、鉄筋コンクリート造りの新築のマンションの場合は、最初から壁にスリーブが作ってある場合があります(私が転勤先で住んでいた賃貸マンションも、各部屋の壁にスリーブが作ってありました)。このため、私の家の新築時には、各部屋にエアコン用スリーブを作る様に工務店に依頼しましたが… 工務店曰く「後から簡単に開けられるから」との理由で、スリーブは設置しませんでした。

家を新築後、家にはエアコンを3台設置しました。残念ながら3台目の設置時、筋交いを欠損するトラブルが発生しています。その話を踏まえ、エアコンのスリーブ穴について書いてみます。

「引っ越しに伴うエアコン設置(1台目)」

  • 新居への引っ越しをサカイ引越センターに依頼しましたが、エアコン1台の取り外し、取り付け料金が含まれていましたので、サカイ引越センターの方が契約している業者さんが、エアコンの取り付けに来ました。
  • この時は私が立ち会いました。この業者さんは、取り付け時に「壁の筋交いの位置」を私に確認しましたので、工務店にもらっていた図面(軸組図)を見て、設置する壁の筋交いの有無を確認した所、設置予定箇所の壁に筋交いが有りましたので、穴を開ける位置は筋交いを避けた位置にしました。
  • 壁への穴あけ加工後、穴の状態を「筋交いに傷を付けていない事」の確認のために見てくれと依頼されたように記憶しています。
  • 配管の化粧カバーの設置で追加料金を取られましたが、まあ概ね工事自体は良好に終了したと思います。この時は特にトラブルはありませんでした。
エアコン配管通し穴(スリーブ)

「リビングへのエアコンの設置(2台目)」

  • 元々、社宅住まいの時は小さなエアコン1台しか設置していませんでしたので、新居のリビングにはエアコンがありません。このため引っ越しして少し落ち着いてから、リビングにもエアコンを設置する事としました。
  • この時も私が立ち会いました。先の引っ越し時に家の図面を見て筋交い位置を確認する方法を学びましたので、今回の設置予定場所にも筋交いが入っており、それを避ける必要があるのを分かった上で穴あけ位置を決めたように記憶しています。
  • ちなみに、引っ越し時にエアコンを設置した部屋、及びリビングのエアコン設置位置は、いずれもエアコン用のコンセントが設置されている付近となります。つまり、エアコン用コンセントは、直近の壁の筋交いの有無については考慮されずに取り付けられていた事となります。⇒ 筋交いの場所を避けてコンセントを設置しているわけではない。
  • 筋交いは、窓のある柱間には当然ながら取り付けは出来ません。2階建ての家は、耐震性を持たせるため筋交いは重要であり、1F部分の場合は、窓の無い部分の柱間には、筋交いが入っている場合が多くなるため、筋交いを避けた位置に限定してコンセントを作っておくことは、難しいのではないかと思います。
(リビングのエアコン スリーブは室内機に隠れている)

「子供部屋へのエアコンの設置(3台目)」

  • リビングへのエアコン設置を終え、これで我が家のエアコン設置も終わりだと思っていました。しかし我が家は立地上風通しが悪い様で、このため夏季は暑いのが分かり… 特に夏季の2階は暑い!
  • 家内は子供部屋にもエアコンが必要と言い出し… 私自身はエアコンの無い家で育ちましたので、「子供にエアコンは不要だろう」と考えましたが、まあ家内の言い分も分からないではないので、仕方なく「好きにしたらいい」と任せました。⇒ これが失敗のもとでした…
  • そこで、家内は自分で近所の家電量販店Yに行き、エアコンを選び、平日に設置工事をしてもらいました。私は仕事だったので、帰宅後に設置されたエアコンを確認したのですが… 子供部屋にもエアコン用コンセントが最初から設置されているのに、それとは別の所に設置されており、あろうことか、壁の下の方にあるコンセントから延長コードでエアコンのプラグとつなげてあり、その延長コードはエアコンからブラさがった状態… なんじゃ、このふざけた工事は!
  • 私は、簡単な電気工事は自分でやりたいと思い、この少し前に第二種電気工事士の資格を取っていましたので、エアコンの電源は専用コンセントから取らないといけないという決まりがあるのを知っていました。そこで設置工事自体に明らかな問題、瑕疵があると考え、家電量販店Yに苦情を申し入れることにしました。
  • そのエアコン設置状態を見た時には、もうあまりにも杜撰な工事にあきれ、家内に「すぐに電気屋の担当者を呼べ!」と言ったのを覚えています。

「家電量販店への苦情申し入れ」

  • 子供部屋のエアコン設置にかかる不具合について、エアコン設置用のコンセントは、1階部分の屋根側にありました。この屋根の上に室外機を設置するのが怖かったのか、工事担当者は、室外機をベランダに置き、直近の壁側にエアコンを設置する事で、工事を楽に済ませていました。
  • 数日後に家電量販店の担当者が私の家に来ましたので、状況を確認してもらいました。不具合の内容は5つ。①なぜ専用コンセントの位置に設置しないのか? ②エアコンのコンセントは専用としなければならないのに、室内用コンセントから電源を取っている、③エアコンはアース設置が義務なのに、アースが施されていない(専用コンセントでないため、アースが取れない)、④ベランダに室外機を置かれても、ベランダが狭くなるだけ、⑤その室外機は壁との必要なクリアランスを取らずに設置されている
  • 状況を確認してもらい、エアコン専用コンセントのある場所への再設置工事を依頼しました。当然無償にて。今回は私が立ち会うので、私の都合の良い日に工事日を合わせてもらい、再設置工事を実施しました。
  • 今回は家電量販店も不具合が無いよう、腕の良い電気工事士さんと分かっている人を選定していたようです。真夏の暑い日でしたが、工事自体は問題無く終了しました。その時の電気工事士の方は、私に筋交いの位置を聞くことも無く、穴を開ける予定の位置について、筋交いが無いか、自分で道具で確認されていました(細い針を壁に刺して、壁の中に柱があるかどうか確認する)。つまり、普通であれば穴あけ加工前に、筋交いを傷つけないように、そこに筋交いがあるかどうか、道具で確認するのです。
  • 再設置工事は無事に終わり、最初にエアコンを設置していた箇所にあけた穴を埋める作業に入るとき、筋交いが大きく欠損しているという残念な事実が発見されてしまいました… その電気工事士さんには非は無いので、とりあえずその場はそのまま穴を埋めてもらいましたが…
(筋交いを欠損させた穴)
(穴を拡大した所 奥側にある木の部分が欠損)

「家電量販店(本部)への苦情申し入れ その2」

  • エアコンの再設置も終わり、それで全てが終わるはずが… また新たに不具合が発見され(穴あけ加工時の筋交いの欠損)。実際に工事をした作業者に対し、相当腹が立ちました…(実際には顔を合わせていないのですが…)
  • ネットで調べても、家電量販店のエアコン取付は非常に不具合が多い様で、たくさんの苦情情報が出ています。私の家も例に漏れずの状況になってしまい… とりあえず量販店の方は再設置工事をしてもらったので、もうこれ以上あーだこうだ言うのも気が引けました。量販店の担当者は良い方だったのもあります。しかし、新築の家の筋交いを欠損させられた事については、怒り心頭なのも事実。さてどうしたものか?
  • そこで次の手として、家電量販店YのHPより、筋交い欠損の件について苦情を申し入れました。つまりは文句を言う相手を変える戦法(量販店店舗ではなく本部の方)に出てみました。
  • さて、どういう対応で出てくるのか? こちらも構えて待っていましたが、結果的には家電量販店の地域本部の方が応対されて、きちんと対応して頂きました。こちらとしては、「新築の家の筋交いを欠損させた事は到底許せないので、壁を剥がして筋交いを入れ直して下さい。」と申し入れ、私の家を建てた工務店にて補修をしてもらい、全額負担して頂きました。
  • 実は、工務店の社長曰く、「これくらい筋交いが欠損しても、ちゃんと丈夫に作った家だから、(耐震性等には)まず影響しませんよ。」と言われていたのですが、だからと言ってそのまま無罪放免には出来ません。きっちりと補修して頂きました。

「エアコンスリーブ穴についての論争?」

  • まあ、論争というのも大げさですが、ネットで調べてみても、スリーブ穴にかかる不具合の情報はたくさん出ていますね。
  • 家の壁へのエアコンスリーブ穴加工については、家の新築時に開けておく手もあります。ネット情報によれが、「高気密、高断熱の家については、ほぼ100%、最初からスリーブ穴を作ってある。」と書かれてある記事もあります。
  • ただ、エアコンについては製造メーカーが多数あり、大きさや形、配管の通し方がそれぞれ違うことより、エアコン設置時に穴あけ加工をした方が、配管がエアコン内に隠れ、収まりが良いというメリットもあります。
  • 最初からスリーブ穴を開けている場合、エアコンによっては、配管がエアコンの後ろに隠れないため、配管がむき出し状態で設置する場合もあります(化粧カバーで隠す事は可能)。
  • 木造住宅の場合は、壁の穴あけ加工が容易であること、家電量販店のエアコン購入に伴う設置基本料金には、木造の場合は穴あけ加工費が含まれていることもあり、一般的にはエアコン設置時に穴あけ加工をする場合が多いようです。
  • ネットの相談サイトには、「エアコンを設置しようとしたが、エアコン業者は「筋交いに傷が入る可能性があるので、穴あけは工務店に依頼してくれ」との言い分で、工務店は、「エアコンにより開ける位置が違うから、エアコン業者に依頼してくれ」と言われ、どうして良いものか、困っている。」的な相談もありました。冗談のような内容ですが、まあそういう事があっても何らおかしくはないような気がします。

「エアコンのスリーブ穴について」

  • この記事を書こうと思った最初の理由は、「エアコンのスリーブ穴は、家の新築時に開けておいた方がリスクが少ないのではないのか?」という考えが発端でした。
  • 筋交いを傷つけない事が最優先であれば、最初からスリーブ穴を作ってもらっておくのも悪くないと思います。事実、私は当初、その予定でしたので。
  • ただ、エアコン設置時に壁にスリーブ穴を開けても、それはそれで構わないと思います。大事なことは、筋交いにキズを入れないようにすることであり、そのためには以下の点にご留意頂ければと思います。

① 家電量販店でエアコンを購入し、エアコンを設置してもらう場合には、販売担当者に、「仮に筋交いに傷を付けた場合は、補修して頂けますよね?」と確認する。

(家電量販店でも、下請け業者ではなく、自社施工で安心をアピールしている会社もあります)。

② エアコン設置時には必ず立ち会う。この時も、「筋交いには絶対に傷を入れないで下さいね!」と笑いながらプレッシャーをかけましょう。

③ 良心的な業者であれば、最低限でも「どこに筋交いがあるか? 分かりませんか? 図面等はありませんか?」と聞いてきます。ただ、図面を読み取る力量は備わっていない場合が考えられ、予め図面を見れるようにしておくことが大事です。⇒ 私もパッと見ではわからず、しばらく図面とにらめっこをして、ようやく理解しましたので。

④ エアコン設置のプロ、専門業者であれば、図面なんか見なくても、筋交いがある場合には、どの辺りにあるか分かっています。その上で穴を開けたい場所に筋交いがあるかどうか? 自分で道具で確認します。本来は、それが当たり前の仕事だと思います。

⑤ 壁に穴を開けた際は、筋交いがそこに無いか? 確認させてもらいましょう。

「備考:エアコンの設置について」

  • 家電量販店は一般的に、エアコン販売後の取り付け作業を下請け業者に依頼しています。下請けだから悪いという話ではありませんが、残念ながらアルバイトに毛が生えた程度の、正しい施工方法を教わっていない力量の低い作業者が少なからずいるのも事実です。この辺が、エアコン設置にかかるトラブルの多い理由の1つだと思います。
  • エアコン専用コンセントが予め設置されている場合には、エアコンの設置に関しては特に電気工事士等の資格は不要になっており、誰でも設置自体は可能です。
  • ただ、我が家の例ではありませんが、知っておいて損はない事として、以下の点を覚えておいて下さい。

① エアコンは単独で使用する専用コンセントが必要。通常のコンセントでの兼用使用は出来ない。

② エアコンはアースの設置をしなければならない。⇒エアコン専用に設置されているコンセントであれば、アース端子があるはずです。尚、200Vコンセントの場合は、プラグの差し込み3本の内1本がアースになっています。

大事なことは、エアコン設置に関し、業者任せにせず、「大事が家が傷つけられないように」立ち会う、観察することだと思います。そうすることで、筋交いの欠損等の不具合は防ぐことができると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました